他にも「伊勢神宮」「仙台」などのキーワードを白い検索窓に入れますと、その言葉を含んだ記事がピックアップされます

2020年10月24日(土)に、Zoom版「吉方位効果 爆増セミナー」を行います

房総半島の聖地 鵜原理想郷

 こんにちは、笹木です。

最近、急に寒くなってきましたね~

もちろんその分、年末も近づいてきているわけですが、そうなりますと私もどんどん、ブログを書く時間が追い込まれています。

なぜならもともと、鑑定をご依頼いただくことが徐々に多くなる時期に入ってきたのですが、そこに今年は講座も、新型コロナウィルス騒動により4月開講の予定が1か月後ろにずれて5月からとなっていましたので、その講座の切り替わりによる作業の発生がちょうど現在、重なる時期にもなっていたからです。

さらに、来月の10月24日(土)にはわたくし初の、Zoom(ズーム)によるオンラインセミナーを開きますので、ちょうどいろいろなことが瞬間的に重なるピークとなってきておりました。

ということで、今月号こそは、「えっ!」というくらいに短いかもしれませんが、中身は濃いつもりですし、お役に立てる情報も盛り込んでいると思いますので、よろしくご覧ください。

今後10年分の「十干十二支氣学で使う暦」が完成しました

 さて、今月のブログはいきなり焦りの雰囲気から始まりましたが、いかがお過ごしでしょうか?(^O^;)

もう2020年も9月末を迎え、年末まであと約3か月となってきたのは信じられない速さなのですが、それと同時に、私の中での「毎年9月~年度末の3月末」までの鑑定のシーズンにも入ってきていました。

まずここでお伝えしたかったのは、この近年、自分自身の時間的・人的リソースが、どんどん鑑定に向かう比率が高まっていく中で、私だけではとうてい作成できなかった皆さまのお役にも立つ資料を、有望な若手デザイナーで鑑定のお客様でもあるK様が、作成してくださったことでした。

その資料とは何か?と言いますと、前々から作りたいと思っていたのですがついぞ手が付けられていなかった、私の書籍「十干十二支氣学」の巻末資料の暦の続きの「十干十二支氣学 年盤・月盤 十干・十二支・九星廻座表 10年分」です。

上記の暦が10年分、完成したということになります。

もともと書籍「十干十二支氣学」の巻末には私が作った、2015年~2020年までの計6年分の「年盤・月盤 十干・十二支・九星廻座表」が載っていたのですが、ご存知のようにもう今年が2020年で、巻末の暦もあとがない状況でした。

そういった点に対して、このホームページサイドバーにある「鑑定時によくあるご質問」のところで、前に

「干支が廻っている方位盤が記載されている、暦を知りたいです。」( ← クリックするとリンクに飛びます)

というご質問に対してお答えしておりましたが、専門の暦を買うのもアリで、ちょっと高くて¥15,000-くらいするものを買うのも良いのではないでしょうか?と言うことをその時はお伝えしておりました。

しかし、専門の占い師になるのであればいざ知らず、普通に吉方位旅行に行きたいという方で干支の方位を知りたいという時には、こんなに高額な暦を買うわけにもいきませんから、どうしようかなぁ・・・、出来れば私が書籍の続きの暦を作りたいのだけれども、時間がないしなぁ・・・。

ということで、焦りながらも時間が過ぎていったときに、8月に、毎年鑑定を受けてくださっている若手デザイナーの方とお話しする機会があり、「これこれ、こういうことで困っているんですよね~」という話が出たあとの後日に、なんとその方から試作品で2021年の暦が送られてきて、「こういった形ではどうでしょうか?」という嬉しいご提案を頂きました。

しかも書籍の巻末の、私がエクセルで作った暦にフォントも似せてくださって、他にも元々なかった後天定位盤や、無断使用されるといけないから、ということで上下に私の名前を付けておくことも提案していただきました。

そうして二人の間でまず、最初の2021年の暦のフォーマットが出来上がった後、2030年までの暦もそのフォーマットで進行していただきたいとお願いしたところ快諾いただき、この9月下旬に全部が完成し、ホームページにアップできたという次第です。

本当にこの方は感性がすぐれていて、しかも積極的な提案精神にも溢れており、「こうしたらどうですか?」という、こちらが気づかない点をたびたびおっしゃっていただいたので、今回はまさに自分が出来なかったことについて、助けられて心からありがたい、という風に感じておりました。

この場を借りて御礼を述べたいと思います。

Kさま、本当にありがとうございました!!

東南のパワースポットまとめ(2020年版)

そのように、私はまず自分自身の拠って立つところの「鑑定」において人様の幸せと開運のためにお役に立たせて頂きたいと思って、ささやかながらこうしてやってきたことに対して、感謝してくださる方からの暖かい想いを頂くと、本当に鑑定師みょうりに尽きると言いますか、心からの幸せを感じます。

もっともっと自分も頑張るためには、私自身が運気を高めてさらなるパワーを皆さまへとお伝えしなければなりませんので、この9月節には、今年第二弾の吉方位旅行として東南の房総半島へ行ってきました。

これは皆さまが感じていらっしゃることだと思いますが、関東、特に東京に住んでいる人にとって、東南の方位を採るって本当に難しいですよね・・・。

今回も、だいぶ苦労しましたが、しかし意外と車で移動していると時間はあっという間に過ぎるもので、現地でレンタカーを借りて移動して、今回は3泊でしたが意外とあっという間に時間は過ぎていきました。

吉方位旅行に行くということは、いわば「パワーエリア」に行ったということですが、特に大事なのがその中の「パワースポット」にも行ったり、現地の気の濃い食事を食べてきたり、温泉にしっかり浸かってきてぐっすり眠る、ということです。

それはまたこの後に述べます「吉方位効果 爆増セミナー」のところでもお伝えしますが、今回は特に良いパワースポットを開拓してきましたので、以下の2か所をお伝えしたいと思います。


鵜原理想郷

ここは一言で言うと、天国のような気を感じました。前に高野山の金剛峯寺に行ったときは、まるで涅槃寂静のような気を感じましたが、この鵜原理想郷は、なんと言いましょうか、キリスト教的な天国のような感じを受けたのです。

三浦半島の葉山のように、大正初期にはここを別荘地にする計画があったと、案内板にはありました。それで理想郷、という風な名前が付いたとのことです。

なんで理想郷?という風に最初は感じたのですが、行ってみて納得!これは天国だわ~・・・。と、あの不思議な静寂と安らぎ。行ってみて、なんだかずっとたたずんでいたい衝動にかられました。

綱田浅間神社

そしてもう1か所、ここは私の講座の中の、ものすごく気に敏感な受講生の方が教えてくださったのですが、なんだか近くを車で通っていたら、呼ばれるような感じがして、ここに行ってみたらもの凄く気持ちが良くて、動けなくなるくらいの気を感じた、とのことでした。

私もその情報を教えて頂き、後日自分の東南への吉方位旅行の際には行ってみたところ・・・、そのスポット(あえて今回は写真は載せませんが・・・)に立ってみたら、確かに「これはっ!」というものすごく気持ちの良い気を感じました。

いずれにしても本当に良い気っていうのは、あまり人が来ないところでこそ保たれているのかもしれません。

人が来ないところがすべて良い気で満たされているパワースポットとも限りませんが・・・。

もし東南に吉方位旅行で行かれる方がいらっしゃって、しかし上記の2か所は、両方とも車がないといけないところですので、行けそうな方がいらっしゃった場合は私にお声がけください。

その時に細かな詳細はお伝え致します。

「Zoom」をセミナーに採り入れていく経緯について

そしてこれが今回のブログのメインテーマになります。

今月号のブログのタイトルにもありましたように、これからは、「zoom(ズーム)」をセミナーに採り入れていきます。

ちなみに「Zoom」とは何かと言いますと、パソコンやスマホを使って、インターネットを通してセミナーなどを受けたり会議で話し合える、Web会議システムのことです。

わが四柱推命の師、浅野太志先生も

7月24日(金)に、大阪の「ベレディーネ」で「陰陽五行から見た、未来を良くするための四柱推命」(←クリックするとページに飛びます)

をZoomのオンラインセミナーで開催され、そのことは先月の8月号ブログでもお伝えしました。

私もそのオンラインセミナーのやり方などを学ぶために参加したのですが、自分はまだ鑑定や講座は気をどれだけ細やかに感じるかが勝負なので、直接お会いする場に勝るものはないと思っていますが、セミナーから始めてみるのは良いかも、と思ったのがきっかけでした。

そして日時や内容ももう決めましたので、それはセミナーについてまとめてある別ページにてご紹介しています。

もう少し下の方に、そのURLを載せていますので、最後にご覧ください。

ただ、いきなりぶっつけ本番だと怖いので、手始めにまず講座の受講生の人たちと、今月の2週間前くらいにオンライン呑み会を開きました。

一応その前に、私も「Zoom」の使い方を学ぶべく、使い方のセミナーを2回受講して、まず一通りは出来るようになりました。

それを受けて自分の中で変わったところや考え方としましては、「これは意外といけるかも!」ということでした。

たとえばこれまで直接、受講生が集まって開催するセミナーの良いところは、セッション、つまり皆さま同士での気づきをシェアして、それを隣や前の人と気軽に話し合ったりできる点だったのですが、その機能は「Zoom」にも用意されています。

もちろん通常の、講師が顔を見せながら話したり、「ホワイトボード」に手書きで書くように文字や印や記号を書くこと、あとはパワーポイントなどの資料を「画面共有」して皆さんに資料を見て頂くなどというのも通常のセミナーと変わらず出来ますが、それに加えて「ブレイクアウトセッション」という機能があります。

これはオンラン上の参加者を、例えば3名とか4名ごとに小部屋を分けて作り、そこに入ってもらう形で中の人たちがまるで直接セミナーを受けているその場で隣や前の人たちと話しているかのように会話ができるという機能です。

これを上手く使えば、実際に直接セミナーを受けているのにかなり近い感覚でセミナーを開催できるかも、という風にも思い、今回の「Zoom」でのセミナー開催に踏み切りました。

ですので今回のセミナーはネットを通したオンライン上で行いますので、パソコンかスマホがあれば、会場にお越しいただかなくてもご自宅から参加が可能です。

詳細はこちらにまとめてありますので、この、2020年10月24日(土) 開催予定のZoom版「吉方位効果 爆増セミナー」の紹介ページをご覧ください。

https://sasaki-unmei.com/zoomkippouibakuzou( ← クリックするとページに飛びます)

まとめ

・・・さて、今月は駆け足で、今月、「十干十二支氣学」として起きてきた内容をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

ポイントは、やはり10月24日(土)に、初のオンラインセミナーをZoomで行うということです。

まだ鑑定や講座は、常に最高の品質のものを提供したいので、私としてはまだ回線速度が遅かったり多少止まったり、ハウリングが起きる可能性があるものを経由するのはためらわれるのですが、しかしいずれネット環境の向上とともに、それをやっていかなければならない時も来ると思います。

あとは東京以外のところにお住まいの方で、こちらに来るのがあまりにも時間と費用が掛かる場合、そしてもうすでに1回以上鑑定を受けて頂いているので、ほぼほぼやり取りがツーカーで出来る方、という条件を満たす場合に関しては、もしかしてこれから鑑定も、Zoomオンライン鑑定の場合は、通常の鑑定料にプラス1万円でご対応可能、ということにしていくかもしれません。

やはり直接時間と労力をかけて、お越しいただいている方とは多少差別化を図っていかなければならないからですが、それでも例えば本州以外にお住まいの方、または沖縄とか石垣島にいらっしゃる方々はZoom鑑定の方が良い、という風に言われるかもしれません。

それはさらにこれからの流れ、特に新型コロナウィルスの状況にもよって変わってくるかと思います。

新型コロナウィルスと言えば・・・。

ま、まぁそれについては常に言いたいことは山盛りであるのですが、今回はテーマが違うので今月は控えて、今後に廻すと致しましょう。

それでは冒頭にも申し上げましたが、最近急激に寒くなってきましたので体調管理には充分に気を付けて、暖かくして今年の残りの3か月に向かって参りましょう~ (^▽^@)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ 

Sponsored Link