注目キーワード
  1. 移動履歴
  2. 京都
  3. 天中殺
  4. 大殺界
  5. 空亡
他にも「伊勢神宮」「仙台」などのキーワードを白い検索窓に入れますと、その言葉を含んだ記事がピックアップされます
CATEGORY

結婚

  • 2015年3月28日

命式に必要な干支まで厳選して採る真の吉方位は、まさに運勢の起爆剤!

   こんにちは、笹木です。   最近は、暖かくなって桜が咲き始めたと思ったら直後に寒の戻り(かんのもどり)などがあったり、花粉も飛び始めたりと体調を崩した方もいらっしゃるかもしれませんが、それでも日々着実に暖かくなってきたのを感じます。   まさに […]

  • 2013年3月1日

結婚・入籍に関しての、占い鑑定の活用の仕方(2)

   前回からの続きです。   さて、そのほかに、結婚は一生の一大事といいましたが、結婚に至る前の恋愛面や、結婚した後の家庭面など、男女の相性と一口でいっても色々な要素があります。   実は私の考えとしては、一人の人をどう見ていくかということもさるこ […]

  • 2013年2月28日

結婚・入籍に関しての、占い鑑定の活用の仕方(1)

   こんにちは、笹木です。   最近はとくに寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?   おそらく今の季節は1年の中でも最も寒いと感じる時期ですが、しかしその分空気も澄んでいますので別な意味でいいますと、今は1年の中で最も清涼な感覚を味わ […]

  • 2008年5月27日

これから結婚を控えていて幸せな結婚生活が営めるかどうか鑑定を受けに来たら、離婚運があるとわかった女性(4)

   私「結婚において大事なポイントというのは3つあって、このポイントをおさえるかおさえないかでその後の家庭運、結婚生活が大きく変わってくるんです。   たとえば結婚にたいして良い因縁や良い運気を持って生まれてきている人は方位を見たりしなくても自然と […]

  • 2008年5月26日

これから結婚を控えていて幸せな結婚生活が営めるかどうか鑑定を受けに来たら、離婚運があるとわかった女性(3)

   私「今年の彼とお客様の年運を見てみますと、確かにちょうど今年は結婚に適した年に当たっていますね。   逆に今年がいい状態だからといっていつまでもこのままにしておくとタイミングを外すことにもなり、いわば婚期を逃す、ということにもつながりかねません […]

  • 2008年5月25日

これから結婚を控えていて幸せな結婚生活が営めるかどうか鑑定を受けに来たら、離婚運があるとわかった女性(2)

   私「家事とかはやるほうですか?それとももしかして不得意だったり、嫌いだったりとかしますか?」   お客様「はい。やればできると思うんですけど、ほとんどやらないです・・・・・でもどうしてわかったんですか?」   私「手相と生年月日の両方から見れば […]

  • 2008年5月24日

これから結婚を控えていて幸せな結婚生活が営めるかどうか鑑定を受けに来たら、離婚運があるとわかった女性(1)

   先日手相の通常鑑定を行っていた時に、いかにも元気が体中に漲っていて嬉しくてたまらないといった雰囲気を発散している20代前半の女性が来られました。   発散している雰囲気が華やかで若々しく、メイクや服やヘアスタイルにも相当気を配っていて、職業欄に […]

  • 2008年3月29日

相性は一人ではなく二人の問題なのでこれを観るのはかなり難しいのですが、そういったときに力を発揮するのがひとつの角度からだけではない、立体的な鑑定になります(6)

   「ですので彼と別れる必要はありません。そういった点に気をつけて、今世のジェネレーションギャップを徐々に埋めていくようにすること。   あとは彼の食事を管理して、食べ過ぎたり脂っこいものやお酒を取りすぎたりしないように料理や食生活の面でも彼をフォ […]

  • 2008年3月28日

相性は一人ではなく二人の問題なのでこれを観るのはかなり難しいのですが、そういったときに力を発揮するのがひとつの角度からだけではない、立体的な鑑定になります(5)

   お客様「別れても未練は残りませんか・・・?」   私「おそらくそうだと思うのですが。でもやっぱり別れたくありませんよね。それでは手相も見せていただけますか?」   お客様「はい。」   私「うーん・・・、今からさかのぼって1~2年前から今後3年 […]

  • 2008年3月27日

相性は一人ではなく二人の問題なのでこれを観るのはかなり難しいのですが、そういったときに力を発揮するのがひとつの角度からだけではない、立体的な鑑定になります(4)

   お客様「・・・・・」   私「・・・・・」   私「はい。分かりました。では結論を申し上げます。」   お客様「お願いします。」   私「お二人の相性はもともとは業・胎の関係といって前世からの縁で巡り会い、相手が自分のために動いてくれるというめ […]