他にも「伊勢神宮」「仙台」などのキーワードを白い検索窓に入れますと、その言葉を含んだ記事がピックアップされます

【占い豆知識コラム】002 なぜ九星気学と、十干十二支氣学で出した吉方位は違うのか?

九星気学も、明治時代につくられた未完成な状態から「進歩」していかなければならないと思っています

鑑定のお客様からの質問と疑問点。なぜ九星気学と、十干十二支氣学で出した吉方位は違うのか?

 先日、私の十干十二支氣学の鑑定を受けた方から、どうして九星気学の吉方位と十干十二支氣学の吉方位が違うのか?というお問い合わせがありました。

その問い合わせに対して、こちらも誠心誠意、しっかりとお答えしたのですが、今回は本命星の情報のみ残して後の個人情報は伏せた形で、これからますます増えて来るであろうこうした疑問に対して、私が率直にお答えした内容を皆さまにもご覧いただくことで、今後のこの質問に対して理解してもらえるよう、その内容をここに掲載させて頂きます。

************************************************************************************************
私は九紫火星で、五黄、暗剣、破れを除き、三碧木星.四緑木製.二黒土星.八白土星の方面は良い。年も月でも良ければ大吉と理解していました。
しかし別な九星気学の先生より頂いた資料を見ると、7月の西、10月の東、11月の東は大吉方となっております。

笹木先生の鑑定書を拝見しますと、いろんな観点で観られていて、上記のように単純ではないように感じます。
なんでこのようになるのでしょう?私が聞いても分からないかもしれませんが、なぜでしょうか?

鑑定書では、七月の東の方面は大吉方で、金運の○がついており嬉しいと思っております。
せっかくだから、家から東のどこかのホテルで泊まろうと思ってます。
心配なのは、九星気学の先生によると、なぜか7月の東が悪いのです。なぜ、こんなに違うのでしょうか?

分からないことだらけで失礼します。
************************************************************************************************

というお問い合わせでした。

こうした深いご質問を、真摯な姿勢でお送りくださったこの方には、心からの感謝を致しておりました。

最低でも「日」や、出来れば「時間」まで出さなければ深い運命に至る部分は分からない

そしてこの方に対して、私がお答えした内容も述べて行きます。これをご覧いただくと今回のご質問に対して、かなりご理解いただけると思います。

************************************************************************************************
○○様

 先日はこちらこそ、大塚の鑑定ルームにお越しくださりありがとうございました。また、今回のご質問をメールにて深く真剣なお気持ちでお送りいただきましたことも、誠にありがとうございます。

今回のご質問は、約6年前にこの十干十二支氣学の本を出版してから、何十回もご質問頂いたかもしれないくらい多い質問なのですが、それについては最初は1回1回メールでお答えしていましたがそれだと手間もかかるため、この件についてはホームページの方に書いておき、ご質問があった際にはそのページをご覧いただくという風にしていました。

今回のことに関してはしっかりと理論的にまとめておりますので、この文章の最後のところに該当箇所へのリンクを貼っていますのであとでご覧ください。

ただしまず先にここでは、その結論もお伝えします。

既存の九星気学は「年」の「九星」つまり本命星でしか見ていないのに対して、私は「年・月・日・時間」の「十干・十二支・九星」で見ていますので、既存の九星気学とは比べ物にならないくらいの精密さで「吉方位=その方に足りないワンポイントの気を補うことによって大開運をもたらすエネルギー」、を導き出しているという事です。

もともと吉方位採りによる開運とは、その方の持つ星廻りでワンポイント足りない気を補うことで、全体のエネルギーの回転が良くなって、それがスパークすることで現実の身の周りでも幸せになると言うしくみなのです。

だからこそ細やかに、その方の気のタイプを見れば見るほど、足りないところも分かってきます。

それが大雑把にしか分析できないと足りない部分も大雑把にしか導き出せないので、それによって開運法の精度も大雑把になってしまうからです。

つまり現在、ネットや書店で出回っている九星気学は、「運勢」や「吉方位」を出すための情報量が「圧倒的に」不足しているということなのです。

ですのでもしその九星気学の先生と、私の出した吉方位とで時期や方位が違うという事であれば、それは多少言いづらいことなのですが・・・
これまでの既存の九星気学の吉方位の出し方が浅かったから、という事です。

非常に言いにくいのですが、しかし決して九星気学の先生が故意に間違っていたというわけではありません。その方もただ単に、昔からの九星気学を教えてもらっただけで、別に嘘を言ったりだまそうとしていたわけではないのでしょうから。

ただしあまりにも浅すぎる理論なため、理解もしやすい分 世の中には広まりやすくて、偶然九星の奥の干支も吉だった時に真の吉方位効果が出たので、「やっぱり九星気学の吉方位は当たっている!」ということで世の中にこれだけ広まったのだと思っています。

しかし近年はどの分野でも共通していますがインターネットの発達により、占いの世界も日進月歩で進化しています。

世界トップクラスの精密な占術である「四柱推命」「紫微斗数」「インド占星術」「西洋占星術」は、時間まで観て精密にその人の命運を出していますが、九星気学のみ、まだ明治時代の作られたそのままの形で「年」だけでしか見ていないのは、格段に遅れている、と言わざるを得ません。

鑑定師も、日々お客様からご相談を受ける際には「年の九星だけ」では様々な細やかなお問い合わせに対してきめ細かく答えられない、またはその後の反響で自分の鑑定結果が間違っていた、という事は気づくはずなのですが・・・

なぜなら昔、私たちが小学生の時に同学年の人たちが皆同じ性格だったり開運法であり、また皆同じアドバイスになると言うことが普通ありえますか?と言うことなのです。いったん頭をクリアにして、現実的に考えれば、それはおかしいのでは?と思うことの方が正解なのです。

あとは九星気学の鑑定師でなくても、10年くらい実践してきている詳しい方なども、鑑定の際に聞いてみると皆さま同じような認識を持たれています。

十干十二支氣学はそれも踏まえた上で様々な角度から検証してきた上で、干支では時間まで、九星でも日まで細かく観て「運勢」や「吉方位」を出しています。

最低でも「日」や、出来れば「時間」まで出さなければ深い運命に至る部分は分からない。これはある一定レベル以上の、占いの専門家たちの間ではもう常識になっています。

が、鑑定に日々携わっていない、あるいは検証事例が不足している人たちの間ではまだこのことは浸透していない現状なのです。既存の九星気学には「致命的な欠点・欠陥がある」ということが。

特に分かりやすい一例としては、九星気学で北、または一白水星が巡っている方位へ吉方位としていくと、実は十干十二支氣学から見るとかなりの確率で凶方位になっていることが多いです。

なので九星気学で、特に単純に、本命星の相生・相剋の関係のみでしか見ないで北を吉方位としていくと、そのあと悩ましいことが起きてくる確率がかなり高いですから、重々 気を付けてください。

こういったことはいま世の中に出回っている浅い占い、簡単にその人の星廻りを簡単な区分けでグループ分けする「大殺界理論」などの、四柱推命のごく一部分のみを取り出した「空亡占い」でも同様です。

そのことについては、前回の【十干十二支氣学流 占い豆知識コラム】でも書いていますし、これからも折に触れて述べて行きます。

専門的な知識については、ホームページの別な場所にも可能な限り詳しく書いたつもりですので、こちらをご覧ください。

関連記事

鑑定と占い講座は違うということ Q 本や鑑定書内に書かれていた、〇〇という星はどういった意味で、△△という星はどんな意味があるのですか? A 申し訳ありません。本に書かれていることや、鑑定書の中でお伝えしていることは、あくまで[…]

関連記事

 この「運命の調律法3種」には、十干十二支氣学がどんなものかといった内容を、短くポイントを抜粋して載せています。 十干十二支氣学については、この「運命の調律法3種」でポイントのみを簡潔に。そのほかの個別の情報はトップページのバーから各分野の[…]

************************************************************************************************

という風にお答えいたしました。

また今後も、こうしたよくあるご質問については、この【占い豆知識コラム】で、触れて行きたいと思います。