他にも「伊勢神宮」「仙台」などのキーワードを白い検索窓に入れますと、その言葉を含んだ記事がピックアップされます

鑑定の流れとメニュー

鑑定の流れ

ステップ1 申し込みフォームに入力して送信します

申し込み時のメールアドレスは、パソコンからのメールが受信可能なアドレスを入力して下さい。その後、メールの送信が完了した旨の自動返信メールが届きます。

ステップ2 案内メールの内容を確認します

笹木からの案内メールを待ちます。48時間以内に、鑑定に必要な質問事項(生年月日、生誕地等)、鑑定料金や鑑定の日程調整に関するメールをお届けします。もし万が一メールが来なかった場合は、送られてきたメールがお客様の迷惑メールフォルダに振り分けられてしまった可能性もありますので迷惑メールフォルダをご覧いただくか、インターネット上のトラブルの可能性もありますので再度笹木宛てにメールをお送りください。

ステップ3 ご返信下さい

もし下記にある鑑定に必要な質問事項に記載してメール済みの場合は、日時のご予約確認からの流れになります。届いたご案内メールにご返信下さい。

ステップ4 鑑定です!

直接鑑定の方 : 当日鑑定場所でお会いしましょう!

メール鑑定の方 : ご案内メールに記載された口座へ期日までに料金を振り込みます。お振込み確認後にご予約確定、鑑定作業開始となります。詳細に調べた内容を鑑定書にまとめたpdfファイルをお振込み後、約2週間~3週間以内のなるべく早い期日にてお送りします。鑑定結果を楽しみにお待ち下さい。

ご自宅にPCがある方は鑑定書をpdfファイルにしたものを添付してお送りしており、もしご自宅にPCがない方は、セブンイレブンのネットプリントをお勧めしております。

お近くにセブンイレブンがあればそのサーバに鑑定書をアップしますので、プリントするための暗証番号はメールでお送りして、セブンイレブンのコピー機の「ネットプリント」から暗証番号を入力すると鑑定書をプリントアウトできます。

セブンイレブン ネットプリント:鑑定書はカラー1枚60円で、鑑定書は通常  A4 3~5枚ですので出力料は180~300円ほどかかりますが、これでご自宅に PCがなくても高画質でプリントされた鑑定書が手に入ります。

鑑定の内容

まずは詳細な性格鑑定から仕事、恋愛などの分野別にどういった傾向を持っているかを明らかにして今後の傾向と対策もお伝えし、さらに今年の総合的な年運と具体的に出てくる動きまで見て、最後に吉方位もお伝えします。

吉方位もただ普通に本に書いてあるような九星だけで見ていきますと、合うときもありますが時にエネルギーが反発したり、そのときのテーマにそぐわないものを取ってちぐはぐになったりすると結局効果が出ないことになってしまいますので、特に初回はその辺の持って生まれた先天的資質とその時期の年運をよく見た上で吉方位をお伝えさせて頂いております。

基本的に吉方位一覧表の期間は、気学で言う暦の1年間、つまりその年の2月4日の節分の翌日から、翌年の2月3日までの1年間分の、12か月×8方位×年盤・月盤 での十干・十二支・九星の吉方位一覧表となります。

2020年の場合は2月4日~2021年2月3日までの期間2021年の場合は2月4日~2022年2月3日までの期間の吉方位一覧表と言う事になりますので、その1年間の鑑定書を作成しています。

それに加えましてその年の運勢と具体的な吉方位の採り方に関して、あとはそれを導き出すために作った命式表をもとに、自分を大自然の中の存在になぞらえた性格鑑定と運勢の改善方法、五行バランスを整えるための気の取り方などもお伝えしております。

これらはお一人様ごとにということで、調べる方の人数ごとに鑑定書は命式表から吉方位一覧表までを個別にオーダーメイドで、時間をかけて作成しています。

一言で占い・カウンセリングと言ってもいろいろな種類があります。

人相・手相でその人の内面を見るものや、別な見方で言えば右脳的・スピリチュアル的なものや、左脳的・生年月日など暦の統計学を基に、それぞれ内面や未来に起きて来ることや、相性面なども観ていきます。

私の専門は気学・方位学という分野です。

これはいつどの方位に動くことによって開運するか、という後天的な動き方によって吉の作用や凶作用が出て来るのをあらかじめ調べてアドバイスするものです。方位学の効果は世の中の皆さんが多かれ少なかれ説いています。

いわば開運法に直結している分野なのでしっかり実行すればものすごく大きな良きことが起きやすいのですが、だからこそご利益主義にならず努力が大事であるというのをしっかり戒めることも必要です。

その方位学の分野でどこよりも開運に直結した吉方位の活用の仕方を開発し、それを2015年11月に出版しました。

少しだけその内容をここに書いていきますと・・・

吉方位旅行、引っ越しや、入籍、物事の始まりの日などを吉日にセッティングしたり、自分にとって開運の気を持つ相性の良い人を調べて深く付き合って幸せを呼び込むこともできます。(同性、異性どちらでも。しかし特に相性面で開運の効果が高いのはなんといっても『結婚』です)

ラッキーカラーで身の周りを開運の色で整える。ファッション、インテリア、小物、財布など。開運効果の高い色をいつも身の周りに置いていると不思議と物事がスムースに運んだりします。

味覚の好みも自分を開運させてくれます。開運させてくれる味覚、開運を妨げる味覚などを自覚して良いものは多くし、悪いものは避けると今後の食生活が数年、数十年になればなるほど性格に与える影響も大きくなります。これを応用しているのが漢方の『薬膳料理』です。

(例えば辛い物が好きなんだけれども、実は命式的には辛いものが表わす金気は取らない方がよくて、激辛料理を好んで食べていると自分にとって良くないところを助長してしまう、など・・)

そうしていくと、プライベート面では恋愛、結婚、入籍後の結婚生活、妊娠、出産、家庭円満。

仕事面・社会面では売上向上、年収アップ。などで人生が幸せになったり望みが叶う方向性に大きく開運していきます。

これも四柱推命を深く方位学に応用して、開運法に活用するからできることです。

方位学の良いところは実行すると体感的、または周りの現象面で大きく効果が表れやすいことです。

ぜひご自身でも大きな転機の時や引っ越しや旅行に行くことがありましたら、吉方位の時期にそれを活用することにより大きく幸せを呼び込んでみてください。

鑑定料

【直接鑑定】

お一人様につき基本鑑定 1時間30,000円

以降延長1時間毎に5,000円。その後の予定が決まっており延長が出来ない場合も多いので、鑑定お申し込み時に1時間(30,000円)か2時間(35,000円)などお選びください。

メール鑑定についても同様ですので、以下のメール鑑定のところをご覧ください。

通常は1回の鑑定につきお会いするまでに、あたかも複雑な方程式を読み解いて分かりやすいフォーマットに落とし込むように、少なくとも約2時間以上かけて、お一人様ごとに約3~4ページ分の鑑定書に吉方位一覧表や持って生まれた命式の分析表、その時にご依頼いただいたテーマに対する対策と方針を運勢的にまとめ上げた鑑定書を差し上げています。

ですのでご家族での引っ越しの場合は悩ましいところになるのですが、全員分の鑑定書作成が必要か、あるいはキーパーソンの方だけを観てお子様は小児殺だけ外すかなどの、鑑定書を作成する際のまずは人数の絞り込みをお願いしております。

※ 翌年の鑑定書は、年末や1月になってからでないと作成できないということはありません。

今まで十干十二支氣学の鑑定やその吉方位効果を体感していただいている方ほど、早い方は5月や6月から翌年の鑑定ご依頼を頂いています。

あとは逆説的ではありますが、吉方位効果を大きく引き出して実感して頂いている方ほど実は鑑定ご依頼時期が早い、ということもすべてではなく確率論的にですが、個人的な感想としては感じておりました。

ですので年末年始に近づかなくとも、もし早めに先の予定を立てたいという方はもっと早くから翌年の鑑定をご依頼いただけますので、よろしくご検討ください。m(_ “_)m

【メール鑑定】

ご希望の分野(厳密にではありませんが、大体約3分野まで)の鑑定プラス2〜3回の質疑応答も含めて30,000

鑑定料をお振込みいただいた時点から約2~3週間前後までに鑑定書をファイル化したものをpdfファイル形式にしてメールに添付してお送りするか、セブンイレブンのネットプリントでお送りして出力していただいてから、それを見てメールで質疑応答をする形式での鑑定もやっております。

ただし直接鑑定の方がメール鑑定よりも、大体3倍くらいやり取りできる情報量は違うと笹木個人としては感じております。

(最初はメール鑑定を受けてくださっていた方も、そのあと直接会っての鑑定を受けた後で私が「やはり3倍くらいは密度が濃かったでしょうか?」と聞いたら「いえ、20倍くらいです!」と言われたこともありました。。。それは多少オーバーだったかもしれませんが、しかしその方はこの後も毎年、直接鑑定を受けてくださったり、このあと良い出会いがあり結婚もされました。)

東京以外の場所にお住まいの方でも、もし可能でしたら最初は東京にいらして直接鑑定を受けて頂けたらと思います。その最初の鑑定の際に最も重要な命式の四柱推命による分析と、個性という自分らしさ=アイデンティティの表裏からくる長所や短所が分かったところから導き出される、人生を幸せに導くための運命の調律ポイント、それを大きく採るための真の吉方位、という流れで今後採るべき開運の気が見えてくるからです。

それさえ分かれば、あとは2回目以降の鑑定はメールでも十二分にやり取りが可能だと感じています。もちろん初回からメール鑑定でもやり取りが可能ですが、その場合はメールでの質疑応答をしっかりやることでカバーさせて頂きます。

【講座受講生専用コース 】 

1時間:10,000 円

現在「十干十二支氣学」では講座を、5本開催しております。

「超入門講座 九星気学編」・・・例年、3月に開催。九星気学のことをほとんど知らない方向けの、一から基礎知識を学んでいく超入門編

「超入門講座 四柱推命編」・・・例年、3月に開催。四柱推命のことをほとんど知らない方向けの、一から基礎知識を学んでいく超入門編

「九星気学編(基礎編)」・・・例年、春(4月頭~)に開催。干支による吉方位鑑定のための、九星気学の学び

「十干十二支編(初級編)」・・・例年、初夏(6月末~)に開催。干支による運勢鑑定のための、四柱推命の学び

「鑑定師育成編(中級編)」・・・例年、初秋(8月末~)に開催。十干十二支(四柱推命)と氣学(九星と易経)の学びの実践鑑定への活かし方

これらを学んだあと、さらに自分自身で学びを深め研鑽を積んでいくほどに疑問点も出てくるかもしれません。

そうした場合に対応するため、受講生向けのセミナーをまた開催することも考えていますがまだ具体的日時は未定なため、今の自分の中での疑問点が溜まってきた場合にはこの【講座受講生専用コース 】の中でお答えし、疑問点等を解消して更なる道の学びを促進して参ります。

具体的には、ご自身で身の周りの人たちなどを鑑定した際に、これはどう読み解けばよいのか?といった具体的例としての命式を持ってきていただき、1時間の中で3~5名ほどの命式分析をする、という風にです。その詳しく分析したい人が 3~5名分いれば1時間分、6~10名ほどいたならば2時間分の【講座受講生専用コース 】をお申し込みいただき、その中で実践鑑定さながらに、笹木が鑑定しているノウハウをお伝えしていきます。

オプション:その年の基本鑑定を受けた方が「別途」料金で追加できるメニューです

① 吉方位 吉日詳細版鑑定(1年分) :30,000円

1年の中の吉方位の開けている良い月の中で、さらにその月の中の吉日まで調べて開運効果を最大限高める資料です。例えば「干支による」お水取りなど、最大限に吉方位効果を高めたいときに使います。

実は十干十二支氣学で大きく開運されている方や、この吉方位採りという行為に対して真剣に向き合っている方ほど、かなりの確率で吉日まで見た上で吉方位採りをされているのと、私自身も吉方位旅行に行く際には、日盤や時盤まで見て吉効果の出る盤を組み合わせています。

それくらい月盤で良い月に、しかも日盤でも良い吉日を合わせて方位採りに行きますと、吉方位効果を大きく、深く、しかもスムースに感じられます。

逆に例えばもし、月盤でその方位が良くても2泊せず1泊で、しかも2泊すれば月盤の効果の方が日盤よりも大きく出てくるのに対して短めの1泊(=2日目は早めに帰ってくる)などという行き方をしてしまいますと、仮に日盤で五黄殺などの大凶方位だった場合は胃腸を壊したり、せっかくの月盤の良い効果が引き出しきれず、日盤の凶作用の方を大きく受けてしまう場合もあります。

2泊の月盤の範囲内で吉方位旅行に行く場合で、日まで見ない場合は良い月盤の効果を大きくするためになるべく2泊で行くか、長めの1泊(2日目は現地で夕食を摂るなどして滞在時間を極力長くする行き方)であれば大丈夫なのですが。

そしてこれは奇門遁甲のような、時盤単位や日盤単位での吉方位の採り方にも匹敵する十干十二支氣学流の秘儀の吉方位採りとも言えますが、その分調べるのには非常に手間がかかりますので、別途オプションメニュー扱いとしておりました。

② 吉方位 1か月分のみの吉日鑑定(主に引っ越し用): 10,000円

1年全体での、吉月の中の吉日分までは必要ないけれども、引っ越しを予定している月の中で、その方位が凶の日や吉の日を知りたいという方向けの1か月分のみの、その方位の十干・十二支・九星 各次元の気から観た吉日詳細版の鑑定書になります。 

というのも、引っ越しする場合には、年盤や月盤はもちろん大事ですが、しかし引っ越しはそこに居続ける限り、最長で11年半の吉(凶)方位効果が大きく続くため、もし日盤で凶の日に引っ越しますと、ずっととげが刺さり続けるようにもなりますので、引っ越しという大事なことであれば、やはり出来れば吉日も選んだ方が良いからで、そのためのメニューとなります。

③ 吉方位 10年分の年盤単位の吉方位: 「年単位」の動きで、今後10年分の吉方位の表 50,000円

今後の引越しや留学をいつにしたら良いか、といった「年単位」での長期的な吉方位の活用を考えたときに使います。

そしてこのメニューに関しては、これまでも以下のようなご要望があった時には、鑑定の中でのみお伝えしてご提供していたのですが、ご要望が多くなってきましたのでこのたびから正式に、以下の派生メニューもオプションに加えることにいたしました。

 → ご夫婦や、親子2名様分として、     5年分の「年盤単位」の吉方位×2名様分、や

 → ご家族3名様(ご夫婦+お子様など)で、 3年分の「年盤単位」の吉方位×3名様分、でも

  同額の鑑定料、50,000円にてお調べいたします。

(3年分×3名様の場合は計9年分で、10年分から見れば1年分足りないのでは?と思われるかもしれません。しかしもともと調べる人数が増えると、1名様の同じ命式を基に廻りくる10年分を調べるよりも、3通りの星廻りから各3年の吉方位を調べていくのは、約2倍くらいに手間が格段に増える作業になりますので、その分としてご了承ください。)

④  相性鑑定: 相性を見たい人お一人様につき 10,000円

鑑定時に必要な情報

1)お名前  様

2)生年月日(もしできれば、ですが生まれた時間までわかりますとより詳しく命式を調べられます) 

3)今回のご相談内容 

4)ご生誕地 

5)現住所 (今年良い吉方位の候補を調べるための基点として。何番地までは必要なく何丁目までで結構です)

※これより先はオプション内容によって必要です。 

6)相性に関することの場合、お相手の生年月日と時間(できれば)と生誕地。 

7)ご結婚した後のことに関する場合、入籍された日 

8)鑑定ご希望日と時間帯 

「鑑定後」のご質問について

「鑑定後」のご質問について

今後は、『1案件1律¥3,000-』

にてお答えして参ります。

ご質問をいただく場合には、あらかじめ3回分の質疑応答料¥9,000-のお振込み後、質問をお送りください。

そこから回答分、回数を引く形で進行致します。

ただし「鑑定中」についてのご質問はこれまで通りです。

「鑑定中」とは、

直接鑑定であればそのお会いしている時間の中で、

メール鑑定であれば、鑑定後の2~3回までの質疑応答は、鑑定中ということに含まれます。

ご質問の内容は、講座等で専門的に扱っている「知識そのもの」でなければ、その鑑定の中でどんなことでも誠心誠意、しっかりとお答えして参りますのでご安心ください。

その結論に至った背景

では、この結論に至った背景をご説明しますと・・・、

最近の傾向としまして、お詳しい方ほど鑑定後に、さらなる細かな点について具体的な質問が出てきて、その質問メールを後日ランダムにご連絡いただくことが多くなってきました。

鑑定でお伝えさせて頂いた内容を、さらにご自分で深く理解し、解釈したうえで質問が出てくるというのは良いことで、私としても精いっぱいお答えしたいと思い、今まではそれを無料のメールのやり取りの中で全力でお返事していたのですが、しかしここにきてそれがいよいよ限界になってきたからです。

と言いますのも、ちょうど現在の時期、2/4の立春前後をピークとした私自身の鑑定の繁忙シーズン(主に9月から3月中くらいまで)の期間中は、鑑定や講座、セミナーで頭がフル回転している時期です。

そういったところに「もしも」、順不同で、全国各地からご自身の鑑定に関することでの質問をお寄せいただきますと、その都度その方の鑑定書を取り出し頭を全く切り替えて、質問頂いたことに対して、占術的解釈に意識を集中してお答えしていくのはとても厳しく、最近ではもう全部はお答えできないかも、というギリギリの状況となってきておりました。

ですのでこれは前々から考えていたことでしたが、いよいよ今回、具体的な鑑定システムとしてここに組み入れ、以降はこの方法を適用して参ります。

これから鑑定後のご質問は、1つの事柄(大きなテーマではなく、具体的な1案件)の質問ごとに、¥3,000-でお答えしていきます。

ご質問頂く場合には、まずあらかじめ先に3回分の質疑応答料の¥9,000-をお振込みいただき、当方が確認後、質問をお送りください

例えば【引っ越しについて】、

「8月に東に夫婦二人とも一緒に引っ越すか、それとも7月と8月に分けてそれぞれのベストな吉方位で引っ越した方が良いでしょうか」

「引っ越した後、仕事の方位を見る際は、初めてそこの職場で一緒に働く方に会った面接の日の月でみるのか、働きはじめの月でみるのかどちらでしょうか?」

「引っ越し後の家から見ると、実家の方角が西になるみたいで、それまでは西南で見ていたのですが、出掛ける日が暗剣殺になってしまっていました。ごく簡単なことで構いませんので、気を付けるべきポイントを教えてください」

(あくまで、分かりやすいようにと、根拠もなく作った例題です・・・)

というご質問を頂いた場合は、大きなくくりでは【引っ越しについて】という1つのテーマですが、しかし今回の質疑応答のカウントの仕方としては1つではなく、上記の場合は「3つのご質問」ということになります。

今回は、メールでの質問を全部このまま無制限で受け続けていたら、私自身のキャパを越えてしまい、鑑定や講座でこの十干十二支氣学の内容をご提供できなくなるため、やむなくこうしたバーを設けさせて頂きましたことをご理解いただけると幸いです。

「しかし」、このバーを飛び越えてきてくださった方には、それ以上のものをお返しするためのものでもあります。

そうした、お互いにより一層濃いやり取りができる方に対して、今後とも今まで以上にお役に立たせていただく所存です。

鑑定場所

鑑定場所は「大塚(池袋の隣)」です

【経緯】

始めた当時の鑑定では、私自身がお客様のご都合の良い場所の近くまで移動して、落ち着いて話せる都内約5か所のカフェにて鑑定でのお話をさせて頂いていました。

例えば埼玉方面にお住まいの方とは池袋で、東京の西方面の方とは新宿にて。都内近辺では市ヶ谷や飯田橋、渋谷区・世田谷方面の方とは渋谷、神奈川方面や名古屋や京都から新幹線で、あるいは飛行機で羽田からいらっしゃる方とは品川で、といった形でです。

しかし近年の鑑定ご依頼者様の増加に伴い、特にここ最近になるほどに私自身が可能な限りこだわった鑑定書を作成する時間が何よりも大切になってきた分、移動時間をいかに減らして鑑定作業に集中できるかということが至上命題となって参りました・・・。

上記の私自身が移動をするスタイルも近年まで極力貫いていましたが、しかしその限界を迎えたのに伴い、これまでの鑑定スタイルを一部改め、鑑定のお話をさせて頂く場所は大塚駅から歩いて3~4分の場所にてということでやらせて頂きます。

詳しい場所については、別ページに記載していますので、下のボタンをクリックして鑑定場所をご確認ください。

直接鑑定を受けて頂くに際しての注意点

小さい文字を読むときにおメガネが必要な方は、持参のうえお越しください

 わたくしも鑑定に際しては、ご依頼者様の生年月日などの情報から事前に相当な手間と時間をかけて星廻りを分析し、そこからその年の分の真の吉方位を細かく調べる作業を行ってからお会いしております。

つまり事前に並々ならぬ手間と時間をかけて鑑定書を作り込んでいるのですが、近年その鑑定書に盛り込む内容もだんだん増えてきて、それに際してしかしフォーマットは基本的に変わりませんので、フォントサイズ(文字の大きさ)を小さくして対応してきておりました。。。

しかしある一定数のご年齢以上の方はその小さな文字が見えにくいということもまれにありますので、その場合は私が文章の内容を口頭で読んでお伝えしていたのですが、もし小さな文字が見えにくい方の場合には、それが見えやすくなるおメガネ等を事前に用意してきて頂けるとさらに鑑定がスムースに進むこともありますので、鑑定に際しての注意点としてここにお伝えさせて頂きます。

お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

振込口座のご案内

 鑑定料や、講座受講料をお振込みいただく場合は、こちらまでお願い致します。

三菱UFJ銀行 仙台中央支店 普通 0973410 ササキリュウイチ