こんにちは、笹木です。 
 
最近は一気に朝晩が寒くなってきましたね。考えてみればもう10月ですし、今年も残りあと3か月。 
 
面白くて熱中したドラマも風のように去っていき、次のクールの訪れとともに季節の移り変わりも感じていきます。 
 
私の周りでも、気温の変化とともに夏の疲れが出てくることにより体調を崩して休む人などが少しずつ出てきましたが、いかがお過ごしでしょうか? 
 
かく言う自分自身も朝起きられなかったり仕事を休んだりということまではないのですが、仕事で疲れがたまったり呑みすぎた後に、占いのイベントフェアに出て数十人を鑑定したりしますとその翌日は起きるのがいつもよりもとてつもなく辛かったり、起きぬけは体がだるかったり、午前中は眼が半分寝ていたり、という事もままあります。 
 
でも動いているとだんだん体も温まってきて動くようになってくるのですが、よろしければ一つここで私が朝スムースに起きられるために使っている方法をお教えしましょう。 
 
それは、体の気を早く動かして巡らせるために手足の先をチョコチョコと動かす、つまり指を開いたり閉じたり、あるいは足首から下をぐるぐる動かしたり足の指を動かそうとする努力をしていくと気の巡りがよくなってきて起きやすくなる、というものです。 
 
実はこの方法は金縛りの時にも有効と言われており、体全体が動かないときでもまずは少しずつでも一番自分の意志どおりに動かせる手足の末端、つまり指先から少しずつ動かしていくと、だんだん体の自由が戻ってきてそして金縛りも外せる、という方法です。 
 
全体を動かす前にまず細部から。これはすべてのことに通じる真理なのかもしれません・・・。 
 
ですのでこれからはますます寒くなって布団から出たくなくなる時期になっていきますので、よかったら試してみてくださいね。 
 
さて、私も含めてなのですが先月の8月の最もパワーがきわまっている時期に旅行や引越しで吉方位のプラスエネルギーを取ってきた方からの連絡が徐々に集まって参りました。 
 
最も影響が大きいのはやはり海外に行かれた方なのですが、ものすごく忙しくなったり新しい取引先からの連絡が次から次に来たりという事がある反面、体調を崩したりいまひとつやる気が出なくなって動こうにも今一つ動ききれない日を過ごしていたり、恋愛運が上昇する方位に行ったのに旅行後 急に彼女と疎遠になって別れることになった、という方もいらっしゃいました。 
 
これにはいくつか理由があるのですが皆様共通しているのは、いままで取ってきたプラスのエネルギーよりも大きなものをハイペースで取ってこられた方に関してはいわゆる開運前の「あくだし、瞑眩(めんげん)現象」と呼ばれるような事が起きてきている、ということです。 
 
ほかならぬ私自身が、ちょうどほぼ1年前に、前のところから今の住まいへの引越しをした時期に当たるのですが、引越しをしてから大体3~4ヶ月、年運が切り替わる頃まではあくだしには結構苦しみました。。。 
 
特に引越しの前日、旧住所と新しい住所の延長線上にある北海道の摩周湖付近の源泉かけ流しのお湯が街全体に湧き出ているところに泊まってきて、パワーが高まる当日の年月日と時間までピタリとタイミングを合わせた形で、いわゆるパワースポットといわれている知る人ぞ知るある場所に行ってよりいっそう効果が長期間強く持続するある方法を施してきたりもしていたので、その分浮き出てきたものもかなり多かったようで引っ越してからの2ヶ月はとにかく体も心も重たくて何事も思うようにいかず、本当に自分が取ったのは吉方位だったのだろうか・・・?と思ってしまうくらいに落ち込んだときもありました。。。 
 
2か月過ぎたあと、さらに本格的に調子が回復してきたのは約4ヶ月経って年運が切り替わってからだったのですが、その一線を越えてからは調子を取り戻し、というよりたまっていた力が一気に爆発するがごとくにこれまでにない快進撃が仕事とプライベートの両方で起きてきました。 
 
今現在は本当に、今まで生きてきて今が一番幸せ、というくらいに努力が実っている幸福感を味わっているのですが、しかし実は四柱推命でいう大運を見ればまだまだ序の口で、もっともっとこれからが本番になっていくのですが、しかしいずれにしても「本当に引越しをしてよかったなぁ。。でもあのあくだしの日々は本当に苦しかったなぁ・・・」という風に懐かしく1年前を思い出しておりました。。。 
 
あのトンネルの抜け道が見えない時というのは、これまで経験した事がないだけにいつどのようにしてこの状況が変わるのだろう、と思ったりもしましたが昔の人がよく言っているように 
 
「明けない夜はない」 
 
「夜明け前が一番闇が濃い」 
 
というのは、過ぎてみればまさにその通りだなと思うのですが、実際自分が当事者としてそういった環境に身をおいているときというのは、どうすればいいんだろう、と心が暗くなって半ばうつ病的にもなったりするのも実にむべなるかな、当然のことだなぁと言う事が自分も身をもって体験したりしておりました。 
雲海と夕日と白山
でもだからこそ自信を持っていえるのですが、そういった免減現象、好転現象、あくだし、といったいわゆる運勢が大きく変わり、開運する前にはプラスのエネルギーを強く注ぎ込んだ分だけまずは悪いものが大きく出ていかないと変わる環境が整わない、なのでまずはそういった事が吉方位のエネルギーを大きく取れば取るほど大きく今まで隠れていた悪いものも出て来やすい、ということもあるのです。 
 
そしてそういったよきエネルギーを継続的にどんどん注ぎ込んでいくと、あくがどんどん出て行って美味しい料理になっていく、あるいは自分が明るい電球になっていくわけです。 
 
明るい電球って?と思われた方のために説明しますと、 
 
いわゆる吉方位のよきエネルギーを取っていくということは、内面を電球に見立てると、そのワット数が上がって明るくなっていくことにも通じるのです。 
 
そうして電球が明るくなっていくと、それまでは電球の表面に気づかなかったよごれや黒いしみ、ごみなどがあったという事が分かってくる。一見すると、明るくなったのに何で汚れが出てくるの?と思われるかもしれませんが、明るくなったからこそ、そういったよごれが見えてきたのです。 
 
これがあくだしと呼ばれる現象の正体だと私は考えています。 
 
いわゆる、魂が向上する過程においては、悩みや苦しみ、誤解や葛藤、非難中傷なども出てきて、「こんなに頑張っているのになぜ?」ということも時に世の中では起こりますが、でもそれらもすべて一時的なもので、その嵐が過ぎたあとにはすがすがしく明るく軽やかになった自分自身の魂がある、つまりそこには永続的な満足が残るというわけです。 
 
誰にも取られない永遠の宝、それはなにかというと内面の悟りやこれまでの経験から来る叡智、無形の自分で得たノウハウ、人から感謝された喜び、だけだと思うのです。しかしこれらはほかの誰も盗めない、死んでも無くならない一生の宝、本当に価値のある宝珠なのです。 
 
ですので魂の成長する過程は、まず前向きな努力をすることなのですが、 
 
よく一生懸命仕事を頑張っている人が、あるとき急に体調を崩したりあるいは怪我をしたりして、一時的に思うように動けなかったりするということをよく見ますが、私から言わせればこれは一生懸命頑張って魂が明るく輝いてきたことによってそれまでは見えなかったよごれやあくが浮かび上がってきて、それが悪い現象となって出て行く過程で表面に出てくる作用なのではないか、という風に見ていました。 
 
なので進んでいる方向性が正しいというのであれば、一時的な目の前の現象で悪いと思われる事が起こったとしてもあまりその眼前のことにとらわれず、あせらず省電力モードで淡々とやるべきことをなしていけばいつしかある時点から必ず反転しますので、 
 
それまでは過去の自分にそういったトンネルを乗り越えてきた経験があったとすればそれを思い出し、経験がなければそういうことを体験して乗り越えてきた人からの意見を参考にして、あせらず地道に辛抱強く粘り強く対処していけば、過ぎてみればあっという間にそういう時期は乗り越えられますから、 
 
あく出しで調子が出ないのが大きいほど、あとからそれを抜けた時の上昇ぶり、飛躍ぶりはすごい!という私のいう言葉を信じて、 
 
今回はブログの前と後ろに感動的なCMを載せてみましたので、 たとえば一時的に心が暗くなったりした時でもこういった感動的な作品を見てまた暖かいものを宿しながら、頑張って行っていただければと思いました。 
 
そしてどんどん自分の内面を明るくしていってさらにはそもそもの根底から、白熱球や蛍光灯といった状態から今回のCMのLED電球のように、明るくECOで長寿命、というように今までとは遥か違った高みへと自分をレベルアップ、位上げしていければと私自身思ってこれからも励んでいく覚悟です。 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ