他にも「伊勢神宮」「仙台」などのキーワードを白い検索窓に入れますと、その言葉を含んだ記事がピックアップされます

引越しは人生の骨組み!!! ~アフターフォロー お客様の幸せに貢献できた充実感を味わうひと時~

 こんにちは、笹木です。 

今回はちょっと趣向を変えて、超高層階からの眺めが最高な天空レストラン「クーカーニョ」からお送りしています。 

最近の私の近況はといいますと、今年の2月の年運が切り替わってからは怒涛のような3月・4月とそしてGWを過ぎ、ホッとしたと思ったらまたまた豈(あに)図(はか)らんや妹(いもうと)謀らんや・・・ 

これまでの人生の中でも無かったくらいの大きな運気の高まりに比例するかのような鑑定とビジネス的仕事の忙しさが重なり、もはや大好きなワインを呑む量と睡眠時間を削られながら、その分を鑑定と仕事に向ける量に費やしつつ、ひたすら追われるように毎日こなすべきスケジュールを必死に消化していたという最近でした。 

いや~、それにしても今年の前半は本当に大変でした。・・・もちろんこれで終わりということではなくてこれからの夏、そして秋はどんな年になるのだろうと考えますと、もちろん自分にとってはこういう年になるのだろうというのは先天運の生年月日の星を観てほぼ予想は付いているのですが、 

しかし後天運的開運、ピンポイント的にしっかりとタイミングを見定めた上での引越しによる運気の高まり方がまさかこれほどまでだとは自分でも嬉しい意味で想像していなかったので、後はひたすら体力との兼ね合いで、例えば具体的には夏の期間の活動の仕方、休みの取り方、水分補給の仕方などについて考えていたところでした。 

ただ先のことを思って憂いていても始まりませんし (そういうのを杞憂(きゆう)といいますが)、 

杞憂 《中国古代の杞の人が天が崩れ落ちてきはしないかと心配したという、「列子」天瑞の故事から》心配する必要のないことをあれこれ心配すること。取り越し苦労。「―に終わる」 

つまり目の前のことに全力を尽くしたり、あとは頑張った日々を送ったらその分自分にご褒美を上げたりしてオンとオフの切り替えを上手くして、張り詰めた心を楽しいことで解きほぐすという風にした方が結果的にも、なすべきことを効率的にこなしていけますので、 

休んだり自分を楽しませることに関しては、真面目な人も罪悪感などは抱かず、むしろ半ば義務的に自らに課していくようにして自分が努力できる気持ちが長持ちするよう、ペースの調整を意識していくことが最も大切なことだと考えたりしておりました。 

さて、そういった日々の中で去年私と同じ最高のタイミングで引越しをされた方から先日、鑑定のお礼ということでお食事をご馳走になる機会がありました。 

クーカーニョ 《渋谷のセルリアンタワー東急ホテル40Fにある眺めの良い天空レストラン。都内でも有数の最高の眺望と重厚な雰囲気を擁する南仏料理とワインを提供するお店》 

私は普段は日盤はよっぽど重要なとき以外はあまり意識しないのですが、でも今回は特別と思いその方と私の日盤を見て、良い集いになるように両方が吉方位の日を選んで日程をお勧めしました。その甲斐もあって、この写真の通り天気も良くて本当に最高の日となりました。 

ではなぜ今回その方がお礼をしようと思ったかといいますと、もちろん鑑定に基づいた吉方位の引越しをされたのですが、エネルギーが大きかった分最初の頃はかなりあくだしで苦しんだのですが、でもそれを乗り越えたあと今までにはなかったような成果が大きく出てきたというように、いわば簡単に吉方位効果が出て軽く開運したわけではなく、苦労や迷いも乗り越えてきたという意味合いが大きな開運だったのでとても感慨深いものとなったからなのです。 

もともとその方は数年前に鑑定を依頼されたときに、凶方位への引越しがもとで苦しんでおり、ただしそれももとを正せばそういった凶方位を引き寄せることになった自分自身の考え方や行動の仕方のゆがみに原因があったのですが、ただその後の年数回の鑑定を通して原因とそれを招くご自分の傾向、それらを乗り越えて幸せになるための対策をお伝えしたあとに、昨年ついに私と同じように年1回しかない最高のタイミングで引越しをされたというわけです。 

引越しとともに転職もしたのですが、最初はかなり苦しんだそうです。それもそのはず、その会社を選んだときが、会社のある方位に月破がめぐっていた時だったからです。これが初期のあくだしの引き金にもなっていたのですが、その転職については私も相談されませんでしたのでアドバイスのしようもありませんでした。 

・・・何を言っているか分からない方のためにご説明しますと、つまり転職に関してはかなり悪い時期と方位のときに会社を決めてしまったということでした。 

それをあとから聞いた私は、色々な方位や風水的解決方法・良い神社参拝をさせていただくことをお伝えして3~4ヶ月で収めることができ、それに伴い別な会社からのオファーが来て、より良い会社に年収や待遇面もアップして転職されたということでした。(これ以上は個人情報なので起こった素晴らしいことも最小限のことしか申し上げられないのですが・・・。) 

思い出せば昨年鑑定でお会いしたときに、「来年(2013年)は忙しくて忙しくてという日々の充実からくる金運の向上も含めて大発展、大飛躍を遂げますよ。」 

とお伝えしていたのですがそのときは「本当にそうでしょうか。」と涙を流しながら言っていらっしゃいましたので、こちらはそういったあく出しのときに一番良い神社仏閣の参拝の仕方、また引っ越した際 家の中の家具の置き方も聞いてみたらやはり良くなかったのでその風水的配置改善のアドバイス、 

そして関東の神社仏閣や伊勢神宮 御垣内参拝の勧め、などなどあらゆる手段を活用しての現状からの最短かつ最強最大の方法での改善をお伝えした結果、このように最も良い形で昨年の月破交じりの転職からの脱却、あくだしからの脱出、そして良い会社への期待される形での転職、待遇面のアップ、等々 今後の明るい展望などが予想以上の急スピードで開けてきたわけです。 

今回はそのお礼にということで、「今はこれが精一杯ですが」、ということでここのランチをご馳走頂くことになったわけでした。 

ことわざでも「夜明け前が最も闇が濃い」ということを言いますが、私もその方に対しては引越し直後から励ましの言葉を送りつつ、その時々で最も効果の高い方法をアドバイスさせていただいてきていたので、今回そのような形で「もう大丈夫だ」と思ったからこそありがたくご馳走いただき、このような良い眺めの良い記念になるところでこちらも本当に感無量でこれまでのことを振り返りながらお話しておりました。 

結局は昨年お渡しした鑑定書どおりになったとはいえ、やはりご本人様がそのように強い意志と行動力で実行されてきたからこそ、このように結果もしっかりとついてきたのです。 

そうなりますと結局はいつも言っていることと変わりがなくなってしまうのですが、つまり如何にそれを実行したか、という最後は「ご本人様次第」ということに行き着いてしまうのですが・・・ 

占いを受けただけですぐに現実が変わる訳ではなく、それは単なる未来の天気予報でしかありませんのでその未来予測、進路が明確になったらあとは自分がどれだけその道を自分の足でしっかりと歩いていけるか、ということですので前回のブログにも書いたのですが、鑑定による未来予報図を受けても自分自身が足を動かさなければ何も変わりませんが、しかし知らなければどの方向に行ったら良いのかも分かりませんので、そういった意味ではやはり知る事が大切な最初の一歩なのです。 

正しい方向を知った上での努力を行えば、やればやった分だけ結果も良い方に大きく動く、ということになります。逆に結果が出ないということであれば、どこかが自分の独りよがりだったり間違っている、という可能性もあります。(あくまで一般的にということで、一概に全部そうだとは言えませんが。) 

しかしこういった深い大自然の目に見えない運気的法則というのはそのプラスマイナスのふり幅・影響力がかなり大きいので、私なんかは「歴史を見ても裏で動かしていたのは本当はこういったパワーなのに、それをさらに現代で緻密なやり方で活用することも出来るのに、そうしない人というのは本当にもったいないなぁ・・・」と思うときもあるのですがやはり最後はご本人様次第ですので、通常こちらからは積極的に宣伝活動はしないで、いわゆる隠れ家的レストランとして今は過ごしていますが、いったん鑑定のご縁を頂いた方には期待していた3倍以上のものは受けていただけるよう、いつも全力をもって対応させていただくというスタンスでおりました。 

今回のお食事も、「本当にこのような最高のところでご馳走いただきありがとうございます」と言ったら 

その方いわく、「他の人もそうだと思いますけど、これだけ素晴らしい事が起こったのであればこういう風にお礼をしようと思わない人なんていないと思いますよ」と言うことでした。 

なるほどぉ・・・   (//∇//)  

でもそうは言いましてもやっぱりこの方が人並み外れて義理堅く人情や礼を重んじる方で、最後は並はずれた努力と情熱を傾けた行動があったからこそだとは思ったのですが・・・。やはり最後は自分自身のお力なので。でもこういうところをキチンとされる方というのは、着実に成果を収めていくのだな、ということを逆にこちらも教わったような気がしました。 

・・・と、ここまで書いたところで一応念のために言わせていただきますと、別に私がそういったものを欲したり求めているわけでは全然ありませんので、くれぐれも誤解のなきようにお願いします m(_ _)m 

改めて私に関して振り返ってみますと、もともとはこういったことを自分は知らないし世の中に対してやってもいなかった十数年前は、休日まったく何もやることがなくて暇で暇でしょうがなくて、ずっと家でテレビやDVDや本を見ながら土日ほとんど家から出ないで寝てすごしていたり (これはこれで知識の充電になっていたので今思うと非常に良かったのですが。) 

それでその状況が耐えがたくなり、なにかやりたくてテニスをし始めたということはありましたが、 

それが吉方位を年々取り続けてきている今では平日休日の昼夜とも分刻みで忙しいときもあったり、もちろん前と同じように何もしないで寝ている時もあるのですが、その休みの時間を以前の何倍も貴重なものとしてありがたく感じながら充実した休息時間を過ごせていたりなど、 

つまり人様のお役に立たせていただくという志を持ちながらこのようなことを積み重ねてきて実績として蓄積されてくると、それが徐々にサイクルが大きくなってくるに従って、時間の密度と運勢が向上してきつつ幸せ度もアップしてきたような気がしておりました。。。 

いわゆる私の座右の銘のひとつである、「時間を忘れているときが一番時間を大切にしているときだと思う」 

という、もしかしたら禅でいうところの「只今に生きる」という境地に、前よりも少しずつ一歩一歩 体や実践面で近づいてきているような気がしていました。 

それとともに不可思議な現象として、最近特になんとなく朝起きたときに何の理由もなく、ジワーッと胸の中に温かく強く沸き起こってくる何ともいえない喜びも、最近に至るほど大きくなってきておりました。 

もちろんまだまだのまだまだなので、小さな安らぎに安住してしまったときこそが実は最も危ないというのも分かっております。 

と、ここまでは良い面ばかり言ってきたのですが、しかし世の中のため、こういったプラスマイナスの諸刃の剣でもある占い鑑定を活用しながら悩める方々のためにお役に立たせていただこうという志を立ててやっていくというのは、本当に負担の大きい大変なことでもあります。 

たとえば人様の鑑定をさせていただくということは、その方の人生の最も奥深いところを覗きこんで、そこに対してアドバイスを言っていく過程で心の中に引っかかっている悩みや問題も聞いたうえで、いわばその方の心と私の心にかかった橋を渡ってくる悩みの黒雲も同時に引き受けながらアドバイスをお伝えしていくという作業なので、実はかなり苦しいものでもあるのです。 

しかしそれが満を持して解決したり、お子様を授かったり、恋愛・結婚に関しての悩みが解消されたり、あるいは抱えていた離婚問題がうまくいったり、体の具合が良くなったり、会社や医院の売り上げが向上したり、年収が上がったりといったことが起こって、問題が解決した後に感謝の御礼を頂いたり、時には今回のような席に呼ばれるときもあります。 

もちろんそれほど多くはないのですがでもこのように後々まで嬉しい気持ちが思い出されて記念になるようなお食事にご招待いただいたり、その方の家に招かれて奥様やご主人様が手ずから作った美味しい料理やワインを頂いたり、結婚式のときの記念の引き出物として特注で作った壺を頂いたり、吉方位旅行のお土産としてその土地特産の食べ物やお酒やお菓子を頂いたり、などということもありました。 

そういったものを頂くと当然私の記憶の中には良き思い出として残りますので、無意識のうちに、さらにその方の幸せのために貢献したい、という思いは理屈抜きのプラスアルファのよかれという想いとして強く湧き起こってきます。 

という風なことも踏まえ最近は、やはり人としての究極の幸せは「他の方の幸せに貢献できてそれを感じられた時」なのではないかなという風に必然的に体で感じてきたり、 

世の中は因果応報、良いものも悪いものも自分が出した分だけ返ってくるとすれば、今のこの自分の朝にジワーッと感じる「幸せ~」という想いは、過去の自分が出したものがいま帰って来ているものなのかも、と考えたりしておりました。 

振り返ると自分の人生が変わり始めたのは、まさしく占い鑑定の知識を人さまのために活用させていただこうと思い、実行し始めてからであり 

人様の深刻な悩みを受けて、それに対して詳細に分析した後で対策を立てて、しかもそれをお会いする前に数枚の鑑定書に現状の分析に基づく未来の吉方位の取り方などを事細かに時間をかけてまとめた上で、当日その方にアドバイスをお伝えするというスタイルは本当に大変なやり方ではありますが、しかしだからこそ意義が深いものがあり、天知る地知る我ぞ知るということで、年々心の中の充足度と周りの環境や運勢は上がってきているような気がしていました。 

ただしそういった内的世界の満足度にプラスして、時には現実的、物質的な満足度も満たしたいときもありますので、 

こうやって鑑定を通してその方が抜群に運勢がよくなり、これまでの過程を通して今後のやり方も深く分かっていただけたような心の通じる方とは、アフターフォローという形で鑑定とは別な機会にお会いして、鑑定の時とは別な角度からその方の幸せに通じることや楽しい四方山話をする機会を持たせていただいている次第です。 

最終的理想は、人類の歴史に貢献できるなにかを出していけるかどうか。世界遺産や芸術、科学、に積み上げられる自分独自のオリジナリティを持ったものを築き上げて皆様のお役に立てるものを出していけるかどうか、ということと常々考えています。 

こうしていろいろな物事を見てきたり、いろいろな状況を観察・分析してみますと、真に成功するためには簡単なテクニックや楽でお手軽な方法などというものはなく、なにかの方針を定めたらあとはひたすら出来うる限り最善の努力と情熱で一生懸命頑張っていく過程の中でより正しい効率的な方法を授かったり、良い結果に自然と結びついていくということもかなり多く見受けられます。 

その中でも最善なやり方としては、まず目に見えない運気的な手法で確実に成功する路線を敷いたあとで、目に見える現実面で具体的な努力をしていきますと、あたかも後ろから強い追い風に後押しされるがごとくに大きな成功を収める事ができます。 

しかしその中でもやはり汗水をたらした努力は必要で、要は運気を大きく上げる方位のエネルギーを活用した開運の手法も、何かを乗り越える、あるいは犠牲にする強い覚悟のようなものがないと大きく吉方位に行く事はできない=大きな開運は許されないということもままありますので、結局全てはご本人様がどれだけ一生懸命そのことをやろうとするかという「強い気持ち」「強い意志」「強い願い」をどれくらい持って継続し続けるかに尽きるのかなぁ・・・、ということを痛切に感じてきている昨今でした。 

この今得ている想いを元に、人様にそれを提供する立場も持ちながら、同時に自分自身がこの法則を体得・応用・活用して誰よりも結果を出しつつ、その検証結果を元に皆様に対しても絶対に揺るがない形で、幸せを築くためのものすごく大きな開運方法を<一大処世の利器>としてお渡しする立場をこれからも貫いていく所存です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 九星気学へ 

Sponsored Link