注目キーワード
  1. 移動履歴
  2. 京都
  3. 天中殺
  4. 大殺界
  5. 空亡
他にも「伊勢神宮」「仙台」などのキーワードを白い検索窓に入れますと、その言葉を含んだ記事がピックアップされます

西北

西北の定位

天、剛健を示し、円満、健全、道徳、完全、尊厳、充実などの意味もあります。さらには物事の始まりや強く健やかな誠実さなどの象徴でもあります。

大所高所の視点からの大きな成功が得られる、いわば天に引き上げられる方位です。しかしたとえ干支まで含めた吉方位で採ってもそこに至るためには楽をしてというわけにはいきません。急な坂道をハイペースで引き上げられるような、つらくても良いからトップに上り詰めたいという人向きの方位です。

西北に以下の九星が廻座した時に出てくる、象意としての方徳効果

西北に一白水星が廻座した時

吉方位効果はじっくりゆっくりと出てくるのが特徴です。すぐに出てくるというよりは、自分から焦って動かなくても向こうからチャンスがやってくるので、それを待つことで成功につながります。苦労や産みの悩みはありますが、その待っている間にはしっかりと準備をして、ゆったりと待っていることでさらに吉方位効果が大きくなります。

西北に二黒土星が廻座した時

最高に穏やかで安定した状態となります。いわゆる大吉の方位ですが、その方徳効果としては調和や平和、それまで抱えていた悩みから解放され、幸せをひしひしと感じるといった状態になります。恋愛で言えば相思相愛、幸せな運気を暗示するということにもなりますが、あまり幸福に有頂天になっていると周囲の嫉妬ややっかみを買って運気が下がりますので、より一層の感謝と謙虚な気持ちが大事です。

西北に三碧木星が廻座した時

運気は強く、勇み足になりかねないくらい勢いがつきます。しかしだからこそただ単に押せばよいというわけではなく、そこから手綱を引き締め、追い風に見合った中身や実力があるかどうかを確認すればさらに良い結果を呼び込むことができます。つい力に任せて無理強いするようなことが出てきますと周りからの反感を買ったり空回りや失敗も招きますので、礼儀正しさや冷静さを心がけることが重要です。

西北に四緑木星が廻座した時

大きな目で見れば状況は良いのですが小さな行き違いや停滞でうまくいっていない、そういうところを改善する機が生まれます。こういったところを改善しもう少し待つことで全てが良くなりますので、多少歯がゆさを感じる部分を見直したり改善することにより力を最大限発揮できるようになります。その手を入れる必要のある個所を見極めて全力を注ぎ、あとは焦らず待つことでこの方位に廻る方徳効果を大きく受け取ることができます。

西北に六白金星が廻座した時

強い天のパワーに満ちている方位で、運気の大きな上昇や飛躍・成功が暗示されています。しかしただ単に良い運気を表しているだけではありません。頂上つまりその道のトップに引き上げられる過程では厳しい試練が与えられることもあり、成功を手にするためには決して油断・慢心をしてはならないという教えも秘められています。

西北に八白土星が廻座した時

大いに良きものが蓄積できる方位となります。お金を貯めたり、知識や技能を積極的に身に付けると良いでしょう。大いなる蓄積や貯蓄ができますので、大きな仕事をやっても良いという意味もあります。たくさんのものを蓄えられますから、積極的に外に出てあらゆることに取り組むと良いです。また留まるという象意もありますので、現在多忙な人は休むことも良く、それにより体力や気力も回復できます。

西北に九紫火星が廻座した時

輝ける太陽のもとで我が世の春を謳歌し大きく飛躍できる方徳効果が巡っています。つまり今が盛りの絶頂期という気を受けることができますので、その気を受けて大きく発展していけるようになります。気力・体力とも最高の状態になりますが、だからこそ力の出し過ぎややりすぎには注意をすることも必要で、努力を怠らず、また用心深く慎重に物事に向き合うことも必要です。