注目キーワード
  1. 移動履歴
  2. 京都
  3. 天中殺
  4. 大殺界
  5. 空亡
他にも「伊勢神宮」「仙台」などのキーワードを白い検索窓に入れますと、その言葉を含んだ記事がピックアップされます

南の定位

太陽のようにすべてのものを照らし、炎の明かりのように識別する知識や正しさを示します。明るさ、美しさ、明晰さなどの意味を持ち、装飾や美麗、情熱や競争、発明なども表してもいます。

『干支まで含めた吉方位で採れば』直観力が冴え、新しい発見をしたり物事の本質が見極められるようになります。

南に以下の九星が廻座した時に出てくる、象意としての方徳効果

南に二黒土星が廻座した時

一時的には苦労が伴い陽の目を見るまで辛抱や忍耐強く過ごす期間が求められますが、そこから挽回して以前に増す有利な立場を得ることができます。名誉を得たり、知的職業、つまり学問の方面や、文化・芸術方面での成功も後押ししてくれます。まずは目下や部下たちとの交際や取引が良い形で運び、そこから次第に地位や名誉、財産のある人との交際にも発展していき、成功への道を歩むことになります。

南に三碧木星が廻座した時

この方位を採ると面白いほど追い風が吹き、願いが叶う可能性があります。ただこの時点では満ち足りている状態ですが、春から夏の勢いが終わり秋に向かうようにこの時を境に運気が下降していく可能性も同時に秘めていますので、幸運に甘んじずさらなる実力を養うべく精進することと、感謝と謙虚さをもってこの方徳効果を受けて過ごすことが大切とも言えます。

南に六白金星が廻座した時

この方徳効果をさらに高めるためには単独行動ではなくグループで行動した方が良いでしょう。さらにそのグループは誰でも良いというわけではなく方向性が同じであり、なおかつ志を一つにできるといったようにその質が高いほど良い結果が出たり、一人なら不可能なことも可能にしてくれる運気をもたらします。その際には私利私欲があると途端に純度が落ちますので、公明正大であり健やかさや明るさがあることもポイントとなります。

南に七赤金星が廻座した時

この方位は大きな変化をもたらします。そして旧来のものを守るよりは、大胆に変化させた方が吉となります。もし今までのことでよくない因子を抱えていれば、むしろ状況が悪化することもあるでしょう。この場合は思い切って離れてみると問題がきれいに解消されます。また正しい方向に向かおうとしている変化であれば天からの追い風が吹き、状況は好転していきます。

南に八白土星が廻座した時

自分に対して美しく飾り立てる作用が働きます。そのように外見に対して光が当たる作用がファッション的にも、社会的にも働いてきます。しかしこの光は太陽が沈んでいく夕日も意味していますので、そのあと外見に対してのバランスを取る作用も働き内面の充実も求められますから、まずは外側を美しくした後で内面の充実を強く意識して実行していくという順番でこの方徳効果を受け取るのが良いでしょう。

南に九紫火星が廻座した時

九紫が定位と廻座した星の両方で巡るこの方位は、激しく燃えますがその炎には持続性がないという特徴も意味します。今が盛りの炎が極大にそして一瞬のスピードで燃え上がりますがこの火勢には持続性がありませんので、それが分かったうえでこの炎の輝きでスポットライトを浴びたり、物事に対しての正しい判断の冴えを招いたり、よくない縁を切ったりという風に使うと良いでしょう。